用途によっての使い分け

逆援助の関係は、セックス、もしくはデートなどを提供して、相手の女性を満足させ、その対価として報酬を貰うわけです。
つまりは、実際に出会わなければ、デートやセックスを提供出来ないわけです。
チャットエッチや、テレエッチなども出来るわけですが、インターネット上での金銭の授受をしてはいけないというか、具体的な金額を出したり、援助交際を望んでいますなんて記述をすることは、ルール違反です。
ですから、実際に会って、直接金銭のやり取りをしなければならないわけです。
■会わなければならないことを利用する
逆援助の関係を成立させるためには、会わなければならないというこの状況をサクラなどは上手に利用します。
出会い系サイトを利用して逆援助などの関係を成立させようとする方が多いでしょうが、なかなかに約束までにこぎつけられない。
まだ安全が確かめられない。
確信が持てないと言われれば、こちらはそれに従うしかないからです。
しかしながら、会わなければ何もならないということを利用して、交渉をすることも一つの武器になります。
それでもはぐらかされるようならば、拘らず他の女性に交渉をした方がよいでしょう。
■目的によってベストなサイトは違う
出会い系サイトを利用するのが、逆援助の関係を望んでいる女性と出逢うためのベストな選択であることに違いはありません。
ただし、安心を獲得するために、ある程度の時間をかけ、コミュニケーションを取る必要性が出てきます。
時間が掛かってもセふれ 探し連絡頻度が少なくて済むような相手ならば、ポイント制でも問題ないけれど、もしも何度もコミュニケーションを取り、人柄などを知ってからという目的を相手が持っているのであれば、ポイント制ではなく、定額制サイトのほうがベターなのです。
定額制サイトであれば、一度のアクションをいちいち気にする必要もないわけです。
やり取りの頻度を有するような相手の場合でも、ポイント制サイトであれば、短時間で実際に会うところまで持っていけるはずです。