LINEが普及してからの出会い系は

かなり前から出会い系は利用していますが、LINEが普及してからは、かなり遊びやすくなった印象です。一昔前までは直メに持ち込むまでが一苦労で、それまでの出費もかなり掛かっていました。それをとやかく言うとゲット率も悪くなりますから、出会い系で女の子を誘う必要経費と思って諦めてはいたんですけどね。しかしこのLINEになってからは、簡単に教えてくれるようになりました。LINEはブロックも出来ますし、最終的にはアカウントの削除も可能です。そういう安心感もあって、すぐに教えてくれるのでしょう。女性のほうもサイトを通すより、LINEでやりとりをしたほうが、相手のことを知りやすいと思ってくれているのかもしれません。本当に関係を断ちたくない相手の場合には、電話番号や直メも教えてくれます。
先日もネイルアーティストをしている24歳の女性と知り合ったのですが、ものすごく可愛い。写メもサイト上で掲載していたのですが、それは加工していたらしく目元があまりにわざとらしくて、あんまり期待はしてなかったんですよ。でもまぁ若いし、そこまでひどくはないだろうぐらいの期待感でした。実際にあってみると写メなんかよりずっと可愛いのです。「なんで本人より可愛くない写メ載せてんの?」と素朴な疑問をぶつけると、「知ってる人に見つかりたくないから」でした。なるほどです。
かなり可愛かったので「この日にできなくてもいいや。それよりもまたデートしたい。」という気持ちのほうが強く、ハヤる気持ちを抑えてデートしていました。なんとか終電に間に合うようにと駅に送ろうとすると、もじもじして「明日休みなんだ」といいます。俺も休みだったのでお泊り可能です。ただセフレ欲しい彼女がそのツモリになっていたことが驚きで、一瞬どぎまぎしてしまいました。それからなんとなく緊張しながら行きつけのホテルに連れてゆきました。そういえば彼氏とわかれたばっかりだと言っていたなと思い出しました。
その彼女とはまだLINEのやりとりが続いていますし、休みが合えばデートすると思います。でも、はっきりと付き合うと決まるまでは気が抜けませんので、出会い系での活動も継続中です。ただ彼氏募集中みたいな子には、アプローチは控えています。あくまでもこのネイルアーティストの女の子を本命に考えています。そのぐらいは配慮しておかないと、なんかややこしいことになったとき、両方失ってしまうじゃないですか。